ジュンマキ堂(じゅんまきどう)

2010年、ちんどんの打楽器ユニットとしてチンドン太鼓の西里純子(ジュン)と洋風和太鼓・ゴロス奏者の黒田牧子(マキ)で旗揚げ。二人は2005年までネオちんどん『かぼちゃ商会』で活動。全国津々浦々年間100本近い営業をこなしつつ、都内を中心にライブ活動を行う。97年にはキングレコードからデビュー。自主制作CDも多数。

並行してちんどんを活かしたユニットで活動を続け、インチキ手廻しオルガン「オグラ」など様々なアーティストのライブやレコーディング、イベントに参加。2010年に「ジュンマキ堂」と命名。2012年頃、トランペットの新井真有子(マユコ)とピアノ&アコーディオンの北園優(マサル)が加入。主要メンバーが揃い、本格的に活動開始。

ジュンマキ堂 HP:https://junmakidou.exblog.jp/