E Beh? Or Pulcinella / Matija Solce

『E Beh? Or Pulcinella』 マティヤ・ソルツェ  (スロヴェニア)

プラハの名門DAMU(プラハ芸術アカデミー演劇学部)人形劇科を卒業し、スロヴェニア国立人形劇場のトップ俳優・演出家・音楽家として活躍するマティヤ・ソルツェが初来日します。伝統的な東欧民俗文化と、現代のストリートカルチャーとをミックスした作品作りで、ヨーロッパ人形劇界の若者たちから絶大な支持を受けるアーティスト。人形劇と音楽劇が魔法のように融合し、目と耳が幸せ一杯になる舞台作りの名手です。今回の招聘作品は、イタリア伝統人形劇プルチネッラの技法を用いた、アコーディオンと人形によるコメディ『E Beh? Or Pulcilla』。ヨーロッパ中の人形劇フェスティバルで33もの賞を受けたマティヤ・ソルツェのめくるめく世界をご覧ください!

マティヤ・ソルツェ 公式サイト:https://www.matijasolce.com/

◆演出・美術・出演:マティヤ・ソルツェ Matija Solce
◆対象:全年齢
◆ステージサイズ:3m×2m
◆上演時間30-40分(セットアップ時間45分)
◆渡航人数 2名(マティヤ・ソルツェ 他技術者一名)

◆マティヤ・ソルツェ受賞歴(抜粋)                   2018 年クロアチア・リエカ人形劇祭最優秀作品賞/スロヴァキア・アンプリオン祭カバレット大賞
2017 年ブルガリア・ピエロ祭青少年観客賞/最優秀演出賞
2016 年スロヴェニア人形劇ビエンナーレ最優秀賞 / 他受賞歴多数

【メディア評】
マティヤ・ソルツェは、伝統と現代が交叉するところで、独自のしかたで伝統的作品を作り直した。ここで伝統的人形劇は、ポピュラーカルチャーと触れることによって、驚くほど新鮮な変容を遂げている。             ———ゴールデンバード賞審査評

“Matija Solce creates a unique authorial speech at the crossroad of tradition and modernity,
where traditional puppet tradition highlights the surprisingly fresh transformations with touch of popular culture”
————Jury for price “Golden Bird”


ソルツェが象徴を用いるしかたは、優しく、魅力的だ。骨を人形としてつかいながら、その骨に肉付けする。もしかしたら人形はそのとき、再受肉=生まれ変わりをしているのかもしれない・・・・・・。
————シドニー・モーニングヘラルド紙

“The symbolism was as gentle as it was charming. In using bones as puppets Matija Solce was restoring flesh to them, and perhaps giving them a glimpse of reincarnation…”
——The Sydney Morning Herald